ここ2、3日、軽く風邪をひいています。朝、熱を測って高かったらお仕事休もうと楽しm……体調管理を考えていました。そうして朝、体温を測ってみると昨晩より下がってるな、完治というわけではないし喉は相変わらず痛いけど、まあ会社行くか、と着替えも澄んで立ち上がろうとした瞬間、それは来たのです。

足、いてえええ! 

 
そういえば昨晩、寝ている間も痛くてもんどり打ってました。痛み自体は1月のバスケ後からずっと続いていて、病院にも一度行ってレントゲン取ってもらったりしていたのですが、今まではふいにちょっとした痛みが続く程度で歩いたり立ったりは問題がなかったのです。 それが今朝は「立つ→痛い」、「右足を空中でぶらぶら→痛い」となったので困りました。歩くのもちょっと怖いような痛さだったのです。ちょっと時間をおくとおさまってきて歩けるようにはなったのですが、病院の予定を見ると明日はおやすみな様子でしたので、念のため今日、ちゃんと見てもらうことにして病院へ行きました。

お仕事はおやすみです!

というわけで病院で長い間、テレビを見ていました。朝のバラエティでのご近所トラブルの話がおもしろかったです。

そしてずっと待っていたら前回はレントゲンだけだったので今回はCTを撮りましょうということになったのです。病院内に貼ってあったポスターによるとマルチスライスCTというもので、東芝のロゴが輝いていたでかい奴でした。今回は部位が足だったので寝っ転がって足だけ機械に入ったので、どう動いていたのかはよくわかりませんでした。右足に重しを載せられ、技師さんと機械にそれぞれ「動かないでください」と言われたので、動くと撮れないもののようです。

撮ったもの2,3分で見られるようになるということでしたが、診察してくれる院長先生は大人気なため、引き続き待合室でテレビを見ました。渡る世間は鬼ばかりの5期再放送最終回から1話前などを懐かしく楽しみました。

そして診察室へ行って見せてもらったものがこちらです。実際はマウスホイールなどで画像を何枚も動かして動画のように見えるものです。以前、ネットでレントゲン写真は貰えると聞いていたので、画像ほしいなあ、と心で思っていたら「いる?」と聞かれました。「ぜひください」という気持ちを込めて600円払いCD-ROMでもらってきました。めぼしい画像だけくれるのかと思ったらもらったものもexeファイルで動かして見えたのでとてもおもしろいです。ここではキャプチャしたものを貼っていきます。部位は私の右足首です。

外部に露出した骨とかではないですが、人によっては気持ち悪いかもしれないので自己責任で見てください。

ct1





 




ct2







こちら2枚がマルチスライスCTで撮った写真のうちわかりやすいものをキャプチャしたものです。よく見たい人はクリックで拡大してみてください。おわかりになりますでしょうか。白い粒みたいなものがありますね。これが「遊離骨片」とか「ねずみ」とか言われるものらしいです。パワプロの足爆弾とかもこれかもしれません(正確なところは知らないので違うかもしれませんが)。写真下のメモリ1つが1cmとのことです。ですのでこの白い粒は2,3ミリだろうとのことでした。こいつが関節に入ると痛むらしいです。変なところにはいって暴れるとものすごく痛いらしいです。こんな小さい奴のせいで私の足は痛いのです。人間弱い。

この辺りをうまくする内視鏡だかの術式はまだあまりないとのことで、取るには切開しての手術でいくらか入院がいるとのことです。こいつがいてもとりあえずは痛いだけですので、今回は我慢という選択を選びました。「湿布とかいる?」と聞かれましたが湿布はってもこいつが消えるわけではなく、お医者様としても特に必要という感じではなかったので貰わないことにしました。これから先の人生はよほど耐えられず手術する以外は、痛みと付き合っていくしかないのでしょう。

運動はできますか? と尋ねたところ、痛くなったらすぐやめればいいと言われたのでたまにフットサルするぐらいはよさそうで安心しました。いつも微妙に痛いというめんどくささはありますがまあそれだけだったという感じです。

CTは放射線を使っているからでしょうか、もらった画像の中に数値を示すものもありました。

ct3



この数値が大きいのかどうかはわかりません。まあよほど繰り返さないかぎりは問題のないものでしょう。こんなのも載ってるんだーという興味深さはありました。

あとは前に行ったときに撮ってもらったレントゲンの写真ももらいました。こちらの方がなとなく綺麗です。

ren2










ren1











上の写真の左側の少し蹄みたいになっているところが子供の頃の骨折のあとらしいとのことです。子供の頃は捻挫して接骨院に行った記憶はありますが、それが実は骨折だったのではないかということですがよくわかりません。接骨院の前にちゃんとした整形外科に行ったほうがいいよとのことです。

というわけでおしまいです。ほっといて治らないというのはイヤな感じですが、大事ではないようなので安心はしました。あとアキレス腱の辺りも痛いのですがそちらはいまだに原因がわかりません。この小さな奴がそちらまで響いているのでしょうか。

みなさん、バスケットをするときは気を付けましょう。

ではでは。