ひきつづき感想文のお時間がやってきました。10月27日から11月9日の間は、読書週間らしいです。
書評週間@読書週間

みんなで森博嗣先生の小説の感想とか書いてくれるとわたしが喜んで見に行きます!
というわけで感想文へいくかにゃ。

本日のご紹介はこちらです。


 
KDP(Kindle Direct Publishing)で個人が出版社を通さずに出した電子書籍の小説です(紙の本はありません)。前回と前々回はプロの作家さんが書いた小説論のような本でしたが、別にそんなタイプの本ばかり読んでいるわけだったり、紹介するわけではありません。なお、今回よりタイトルの著者名から「先生」の文字が消えましたが、今回が個人出版だからそうしてるわけでもありません。前の二人がわたしの中で別格だっただけです! 一時期、「森先生と上橋先生の小説だけ読めばよくね?」となったぐらい別格です。

というわけで今回ご紹介の本とはなんら関係のない先生二人を褒めたところで、メインの内容紹介にいきましょう。今回の本は「内容がないよう!」と言いたくなるような異様な本と言えるかもしれません。素晴らしい発想があったりもせず、目から鱗な教訓もなければ、思わず涙をこぼすような感動を誘ったりもしません。あるものと言えばキャラ萌えでしょうか。わたしが読み終わった感想はこうでした。


でも、星5つです。おもしろかったです。なにがおもしろかったのかは謎です。構成を分析してしまえば、ラジオ番組をやっているということで話す二人のキャラクターとそれを聞いていてたまに一人でツッコミをいれる存在感のない主人公がいるだけです。ラジオの二人の会話がだらだらと続き、それを聞く主人公と一緒にだらだらとした会話を読んで心の中でツッコミをいれる。それだけの本です。ほんとうにそれだけの本です。なにがおもしろかったのかはやっぱり謎です。キャラ萌えかもしれません。それだけではないような気もします。

というわけでなんでおもしろいのか謎が謎を呼ぶ感じの本ですが、本の中では謎が謎を呼んだりはしませんし、綺麗な文章とかもなかったような気がしますし、心熱くなるバトルとかもありませんでしたが、おすすめの本です(褒めてます)。

「Kinldeを持ってないから読めなーい」という声も聞きますが、スマホやタブレットでだいたい読めます。iPhoneやAndroidを持っていれば読めますので、気楽に楽しめて、さらに安いこの作品で、電子書籍デビューなどをしてみてもいいかもしれません。

ではでは。