灯台杜と緑の少年


悲観的で非現実的で怠惰で脆弱で残酷で醜悪で、綺麗なものを書きたいかなとか思います。
Kindleストアにて小説などを販売中です。

ひさしぶりのブログです。感想文はものすごくおもしろいものを見つけたときに書くというルールですので、久しぶりになったのはわたしのせいではありません。毎月新刊を出さない森先生のせいです。というわけで今回は森先生の新刊である『彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone?』の感想文です。行ってみましょう。
 続きを読む

今日は答えの出ていない事柄について考えてみたいと思います。最近、読んだ本とKDPなど個人出版の活動に関することです。真面目になるかもしれませんし不真面目に終わるかもしれません。とりあえずもやもやとしたものが頭に浮かんでしまっているので、吐き出してみたらどうかなという感じのエントリです。出力すれば誰か親切な人が助けてくれるかもしれませんしね。というわけでいってみましょう。続きを読む

このページのトップヘ